イチゴを植えるなら今! 冬越しのコツ

イチゴを植えるなら今! 冬越しのコツ
撮影:栗林成城
       
寒さに当たって花が咲くイチゴは秋に植えるのが基本。冬越しさせて、春から初夏に真っ赤な実を収穫しましょう! 恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに栽培のコツを教えてもらいました。

* * *

■栽培のポイント 1  肥料は無機+有機のハイブリッドで

生育期間が半年以上と長いので、速く効く無機肥料と、じっくりと長く効く有機質肥料を組み合わせて土作りをします。おすすめの有機質肥料は、魚を加熱して粉砕した魚かすか、堆積したコウモリのふんが原料のバットグアノです。

■栽培のポイント 2  クラウンを深く植えない

イチゴの株元には、クラウンと呼ばれる王冠のような成長点があります。クラウンを土に埋めると新しい葉が出なくなるほか、葉が腐って枯れることもあります。

■栽培のポイント3 人工授粉でよい実に

イチゴの花は、虫によって受粉する虫媒花(ちゅうばいか) 。でも、受粉がうまくいかないと大きくならず、奇形になる可能性が高くなります。花が咲いたら虫頼みにせずに人工授粉をして、大きく形のよい実にしましょう。
■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年10・11月号より

あわせて読みたい

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月10日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。