古本屋さんで宝探し 古書店を味わいつくす5つのポイント

■3 100円均一コーナーで掘り出し物を探す

たいていの古書店には、店頭など入り口付近に100円均一のような、格安の本が並ぶコーナーがあります。「自分にとってのお宝本を安く見つけるチャンスなので、必ずチェックを」。和氣さんは、そのときどきに気になっているキーワードを念頭に、棚をくまなくチェックするのだそう。「一冊見つけて、それを手に持って入店すると、古本屋さんに対して感じがちな入りにくさも軽減できます。古書店ビギナーはぜひ、ここから」
 

■4 古本は一期一会。即買いが基本

古書店の本は流れていくもの。新刊と違い、欠品したからといって簡単に補充ができるわけではないので、出会ったときが、買いどきです。「人気店は、覗くたびに品揃えが変わっていくので、次はもう見つからないということも。また同じ店を定期的に覗いていると、古書の流れが把握できて、これぞという本の入荷に気づけるようになるので、即決しやすくなります」

■5 古本ならではのストーリーに注目する

装丁が気になって和氣さんが本を開いたら、この本を紹介する新聞記事の切り抜きを発見!
「『痕跡本(こんせきぼん)』と呼ぶ人もいるのですが、こういう発見は、古書店めぐりのおもしろさですよね。書き込みや線引きは、古書としての価値を下げてしまうのですが、元の持ち主の読書をたどることができ、自分とは違う価値観を知るおもしろさがあります。蔵書印などもぜひ注目してみてください」
 
■『NHK趣味どきっ!こんな一冊に出会いたい 本の道しるべ』より

当時の記事を読む

NHKテキストビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。