〈BUZZトピ〉神秘的な美しさ!“水晶のようなケーキ”が話題に 誕生のきっかけは?【新潟】
拡大する(全1枚)
NST新潟総合テレビ

SNSなどで話題となっている情報をお伝えする〈BUZZトピ〉。

今回紹介するのは、“水晶のようなケーキ”。このケーキの作り方や誕生したきっかけを取材しました。

新潟県村上市にある、パティスリーマルヤ。

たくさんのヒヨコが乗ったケーキや手描きのイラストケーキなど個性的なスイーツを販売していますが、中でも『たまふゆゆ』と名付けられたターコイズブルー色のこのケーキ。

【杉山萌奈アナウンサー】
「きれいなターコイズブルーで表面がツヤツヤ。私の顔が写りこんでいます。ケーキというより宝石みたいです」

SNSには「神秘的な美しさ!」「青い卵だ!」といった投稿が相次ぎ、話題となっています。

【パティスリーマルヤ 遠山浩司さん】
「本来、食欲減退色なので、食べ物で使う色ではないが、逆に皆さんの目を引いているみたい」

なぜ、この色なのか、その秘密はのちほど。まずは気になるその味を確かめてみました!

【杉山萌奈アナウンサー】
「中身はベリーの酸味とチョコレートの甘味が絶妙。外側はプルプルしていてゼリーのような感じです」

特別に作っているところを見せてもらうと…

【パティスリーマルヤ 遠山浩司さん】
「指が痛い」
Q.何℃
「ー30℃」

ー30℃で凍らせた丸い形のホワイトチョコレートのムースをゼリーで青く染めていきます。

【パティスリーマルヤ 遠山浩司さん】
「回すことによって均等にする」

パティシエ歴25年の職人技で作られていく『たまふゆゆ』。誕生のきっかけは、実現してほしいケーキを一般に募集したスイーツコンテストでした。

【パティスリーマルヤ 遠山浩司さん】
「荒川のイメージで青いデザインがよく来ていたので青くなった。何か違うことをしてみたいと思って取り組んでみた。食べておいしいは基本なので選ぶ中で少しでも楽しんでいただければ」

水晶のようなケーキ。そこにはお客さんを楽しませたいというパティシエの思いが詰まっていました。