〈J2アルビ〉小見&三戸19歳コンビが大躍進! 横浜FCとの上位対決制し2位浮上【新潟】
拡大する(全1枚)
NST新潟総合テレビ

サッカー明治安田生命J2リーグ・アルビレックス新潟は21日、ホームで横浜FCとの上位直接対決に臨みました。

【桶屋美圭アナウンサー】
「前節、短い出場時間の中で躍動した小見選手が今季初めてスタメン起用となりました。勝てば順位が入れ替わる上位直接対決。サポーターも闘志を燃やして応援します」

ホーム8連勝を目指し、強敵・横浜FCを迎えたアルビは試合開始30秒、前線からプレスをかけ、高い位置でボールを奪うと、伊藤からのパスを受けた小見がすぐさまシュート。そのこぼれ球を三戸が押し込み先制します。

するとその5分後には…

【星雄次 選手】
「前節、悔しい負け方をしたので、きょうは『しっかりと結果を残せるように』という気持ちで試合に入った」

こう話した星・三戸が軽快にパスをつなぎ、再び小見。

【小見洋太 選手(去年8月)】
「(試合に)出たいというのはあるが、出なければいけない。チームに自分が加わって、流れが悪いときとか変えなきゃいけない」

出場機会が少なく、悔しさを抱いていた小見が悲願のプロ初ゴール!若手コンビが躍動し、開始6分で2点を奪います。

さらに後半も小見の勢いが止まりません。今度は自身の積極的な守備からボールを奪うと、キーパーを交わし、ダメ押しの3点目。

その後は、J2得点ランキングトップの小川航基を中心に攻勢を強める横浜に対し、最後まで集中した守りを見せたアルビ。3-0で完封勝利、ホーム8連勝です。

【小見洋太 選手】
「きょうは父が見に来ているので、まずはお父さんに、そして埼玉にいる家族に捧げるゴールにしたい」

アルビは勝ち点32で2位に浮上。次節は5月25日(水)、アウエーで水戸ホーリーホックと対戦します。