ドン・キホーテも“食べるラー油”投入、プライベートブランドで発売。

ドン・キホーテも“食べるラー油”投入、プライベートブランドで発売。
依然品薄が続く桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」、エスビー食品の「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」の大手2商品はじめ、外食チェーンも巻き込みながら過熱の一途をたどるラー油ブーム。そこに、新たにドン・キホーテも「具だくさん ちょい辛ラー油」を引っ提げて参戦、6月22日から全国のドン・キホーテグループ店舗(一部店舗を除く)で販売を開始した。価格は598円(税込み)。

「具だくさん ちょい辛ラー油」は、ドン・キホーテが展開するプライベートブランド「情熱価格」から登場したもの。フライドガーリック、フライドオニオン、焙煎白ごまなど、たっぷりの具材とごま油が絡み合い、サクサクの食感と具材の旨味を堪能できるよう仕上げた“食べるラー油”だ。

また、化学調味料無添加というのも、「具だくさん ちょい辛ラー油」の売り。辛さも抑えめで、白いごはんにかけて食べるほかに、中華料理や冷たいうどん、冷や奴などの“ちょい足し調味料”としての使い方も提案している。

原材料は食用菜種油、フライドガーリック、フライドオニオン、醤油、食用ごま油、白ごま、糖類(砂糖、ソルビトール)、唐辛子、食塩、乾燥パプリカ、生姜粉末(原材料の一部に大豆、小麦を含む)。内容量は110グラム。


☆これまでのラー油ブーム
昨年8月に桃屋が「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を発売したことをきっかけに火がついた“食べるラー油”ブーム。今年3月にはラー油最大手のエスビー食品が「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」で追随したものの、両商品ともスーパーや小売店の店頭から瞬く間に姿を消し、依然として品薄の状態が続いている。また、ペンギン食堂の「石垣島ラー油」、李錦記の「具入り辣油」、京都ホテルオークラ桃李の「食べるラー油」など、ほかの“食べるラー油”も軒並み手に入りにくい状況だ。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2010年6月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。