「人志松本のすべらない話」に17人、コラアゲンはいごうまんなど初参戦。
拡大する(全1枚)
フジテレビは、12月25日(土/21時10分〜23時25分)放送の「人志松本のすべらない話」第19弾(2009年11月の総集編「ザ・傑作選」を除く)に参戦するプレーヤーを発表した。初参戦は、前回(2010年6月26日)の9人に比べると控えめの5人で、これにおなじみのプレーヤーなどを加えた全17人が「すべらない話」を繰り広げる。  

参戦プレーヤーの面々は次のとおり。

◎「人志松本のすべらない話」出演者
松本人志
千原ジュニア千原兄弟
宮川大輔
ほっしゃん
河本準一次長課長
ケンドーコバヤシ
木村祐一
兵動大樹(矢野・兵動
小籔千豊
桂雀々
ガダルカナル・タカ
コラアゲンはいごうまん
設楽統バナナマン
コカドケンタロウロッチ
バカリズム
塚地武雅(ドランクドラゴン
若林正恭オードリー

初参戦は上方落語家の桂雀々、たけし軍団のガダルカナル・タカというベテラン2人に、雨上がり決死隊蛍原徹の元相方で現在はWAHAHA商店に所属するピン芸人・コラアゲンはいごうまん、昨今バラエティ番組での活躍目覚ましいロッチのコカドケンタロウ、松本人志がチェアマンを務める大喜利No.1決定戦「IPPON グランプリ」を2度制したバカリズムの5人。これに約4年ぶりのドランクドラゴン塚地武雅、約3年ぶりのバナナマン設楽統、約1年半ぶりのオードリー若林正恭と、「すべらない話」の常連メンバーという顔触れだ。

ちなみに、今回の観覧ゲストは47人。その面々は次のとおり。ほぼ芸能人だが、中には「BLEACH」などで知られる人気漫画家の久保帯人、プロ野球ロッテの今江敏晃内野手なども名を連ねている。