中国とインド、10億人を超える人口の両国はなぜサッカーが弱いのか。

バスケットボールのヤオ・ミン選手などの世界的スターの存在もあって、なかなかサッカー文化が浸透しないと分析しているようだ。

一方、インドでは中国のバスケットボール同様、クリケットがサッカーの存在を脅かしている。2011年2月から4月にかけて、インド・スリランカ・バングラデッシュの3か国共催で開催されるクリケットワールドカップの影響で、今回のアジア杯に派遣されたインドの記者はほんの一握り。しかも皆、グループリーグの終了に合わせて帰国便を事前予約していたというほど、メディアの関心も薄い。また、インドのサッカープロリーグは中国と比べてもレベルが低く、設備も不十分。そうした点が影響して、インドのサッカーファンは自国のプロリーグには関心を示さず、欧州の各国リーグを観る傾向があるそうだ。国民もメディアも国内サッカーに目を向けない状況では、人材の育成も難しいところだろう。

かつてインド代表監督を務めたスティーブン・コンスタンチン氏は「多くの選手と監督が草の根レベルで進化しなければならない」とし、すべての国内クラブに育成アカデミーを設立する必要性を説く。その上で米国のメジャーリーグサッカーのように、国内全体にまでサッカーが広がるようリーグ改革を行う必要があるとしている。

サッカーインド代表の現監督であり、かつて中国代表監督も務めた経験を持つ英国人のボブ・ホートン氏は「いずれ中国もインドも強くなるだろう。しかしそれは人口のためではない」と断言。成功へ導く鍵は「(両国の)潤沢な資金」にあり、その資金を用いて最高の設備を作って有能な指導者を招くことができれば、遅かれ早かれ両国ともに強くなるだろうと、現実的な見方をしているようだ。


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
モバイル版:http://www.narinari.com/mobile/

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。