車の下敷きになり「結婚して」、死も覚悟する状況下で彼氏がプロポーズ。

車の下敷きになり「結婚して」、死も覚悟する状況下で彼氏がプロポーズ。
英国のある男性は今年3月、彼女や友人らと車で出かけた際に追突事故に巻き込まれ、車の下敷きになった。自分が大けがをしていることにも気が付き、死を覚悟した男性。しかし、そばで励ましてくれる彼女に「もう会えなくなるかもしれない」と思い、その場で急遽プロポーズをしたという。  

英紙マンチェスター・イブニングニュースやデイリー・メールによると、この男性は23歳のマーク・リンドレーさん。3月3日、彼は同い年の彼女リサ・スレーターさんや友人2人と共にドライブを楽しんでいたところ、不運にも事故に遭遇してしまった。マンチェスター近郊の街ロッチデールの道路上で、4人が乗っていた彼女の車が突然故障。仕方なく車を押そうと4人は車を降り、道路へと出た。そしてリンドレーさんの「1・2・3」の掛け声と同時に、皆で一斉に力を込めようとしたそのとき、まさかの事態が起きてしまう。

車を押すことばかりに気を取られていた4人に向かって、後ろから来た車が突進。この事故の弾みでスレーターさんの体はボンネットに乗り上げた後、道路の中央まで飛ばされ気絶し、友人2人も形を変えた彼女の車とフェンスの間で気絶してしまった。

しばらくして道路の中央で意識を取り戻したスレーターさんは、真っ先に恋人リンドレーさんの姿を探したが、辺りを見回しても彼の姿は見当たらず。そして、約30メートル先に止まった追突車のほうへ視線を向けると、車体の下に見えたのが彼の足だった。彼女自身、肋骨を折りながらも慌てて駆け寄ると、彼は衝突地点から追突車に引きずられて下敷きとなり、頭から血を流しながら「大きなうめき声を上げていた」そうだ。このとき、彼は頭以外にも手や腹を打って傷を負い、さらに両足の靭帯や腱を断裂する大けがを負っていた。その様子を目の当たりにした彼女が「死んでしまう」と思ったほどの酷い状況は、当のリンドレーさんもよく理解していたという。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月10日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。