松浦亜弥が子宮内膜症を公表「私が話すことで何かキッカケになれば」。
拡大する(全1枚)
歌手の松浦亜弥が8月30日、子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)を患っていることを、事務所公式サイト、および公式ブログで公表した。

公式サイトに掲載された「松浦亜弥に関するお知らせ」によると、松浦は4年ほど前から腹痛による体調不良をたびたび起こすことがあり、病院で診察を受けたところ子宮内膜症との診断を受けた。2009年に「2〜3年はLIVEをお休みします」としたのもこのためで、以降、体調を考慮しながらの活動を続けてきたという。

松浦自身としては「デリケートな問題なので、近い人達が知ってくれていればという思い」で、ここ何年かは活動してきたが、「自分でもいろいろと調べてみました。すると、私と同じ様にこの病気で苦しんでる人がたくさんいること、そして、病院に行かずほっておき悪化してからでは遅い、とも知りました。私が話すことで、少しでも沢山の女性の方にこの病気について知ってほしいし、気になることがあるという人には迷わず少しでも早く病院に行く事を勧めたい。何かキッカケになれば」との思いから公表を決めた。

今年はデビュー10周年という節目、かつ自身にとってもファンにとっても大切な年。そんな記念すべき年に「何もしないで終わるなんてできない!ね」と、無理のない範囲で活動を続けていくという。


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
モバイル版:http://www.narinari.com/mobile/