盗み食いのブドウ1粒は6万円? 中国のスーパーと清掃員の間でトラブル。

盗み食いのブドウ1粒は6万円? 中国のスーパーと清掃員の間でトラブル。
中国のあるスーパーで先日、ブドウ一粒を盗み食いした清掃員が5,000元(約6万円)の罰金を請求される一件があった。同国の八百屋やスーパーでは、品種や産地によるものの、ブドウは10元(約120円)もあればだいたい500グラムは購入できることもあり、この罰金額は驚きを持って受け止められているようだ。

中国メディア新聞晩高峰によると、この一件が起きたのは北京大興黄村にある外資系スーパーのテスコ。9月はじめ、同店の清掃員が商品のブドウを盗み食いしたことが発覚した。清掃員の秦さんは商品棚に陳列されているブドウの房から取れていた実が「このまま捨てられてしまうのはもったいない」と思ったそうで、一粒だけ口に入れてしまったのだという。

しかし、これがいけなかった。スーパーの防損部スタッフがこの盗み食いを目撃。秦さんが所属する清掃会社とスーパーの間での“罰金問題”に発展する事態になってしまった。そしてスーパーは清掃会社に対して5,000元(約6万円)の罰金を請求し、対する清掃会社は「ブドウ一粒で5,000元なんてもってのほか!」とこれに猛反発。お互い一歩も譲らず、地元メディアに報じられるトラブルになってしまった。

清掃会社の関係者は「以前、清掃員が誤ってスーパーのドアを壊したときは500元の罰金を支払わされました。なんで今回はブドウ一粒で5,000元なんですか! 差が大き過ぎる!」と怒り、スーパーはスーパーで「私たちは罰金を支払わせることで、清掃会社にスタッフの管理をきちんとしてもらえるよう訴えているだけです」とし、5,000元という金額に関しては「各店舗が自由に決められるようになっています」と説明した。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2011年9月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら