“21世紀最高のGK”ランキング、国際サッカー歴史統計連盟が発表。

“21世紀最高のGK”ランキング、国際サッカー歴史統計連盟が発表。
サッカー統計組織「国際サッカー歴史統計連盟」(IFFHS)が2月7日、「21世紀のベストGK」と題し、現役および引退しているGKを含めたランキングTOP80を発表した。ランキングにはおなじみのジャンルイジ・ブッフォン選手(イタリア)やイケル・カシージャス選手(スペイン)などのほかに、現役時代“世界最高のGK”と称されたオリバー・カーン選手(ドイツ)や“摩天楼”の愛称で親しまれたエトヴィン・ファン・デル・サール選手(オランダ)などが順当に上位へランクインしている。

今回のランキングはIFFHSが世界80か国以上のサッカー専門家の意見を総合してまとめたもので、これまでに発表されてきた各年の投票数に基づいて各GKをポイント制で評価。そのため、最近の活躍だけでなく、コンスタントな活躍が認められたGKが上位に選出される形となった。

その結果、見事1位の栄冠に輝いたのは、イタリア代表GKのブッフォン選手(ユベントス)。それに僅差でカシージャス選手(レアル・マドリード)が続いた。3位には2010年にIFFHSが発表した「ここ20年間のベストGK」ランキングで8位にランクインしていたペトル・チェフ選手(チェルシー)が選ばれている。

国別での選出数を見ると、1位はスペイン(7人)、2位はブラジルとアルゼンチン(ともに6人)、3位はドイツとイタリア(ともに5人)となっており、現在、世界最高峰と謳われるプレミアリーグを擁する英国は3人の選出にとどまった。また、アジア勢としてランクインしたのは、韓国のイ・ウンジュ選手(41位)、豪州のマーク・シュワルツァー選手(43位)、カタールのムハメド・サケル・アハメド選手(60位)の3人のみで、残念ながら日本人選手は選ばれなかった。

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。