延々続いたPK戦が50人目で決着、両チーム譲らず2日間にわたり死闘。

延々続いたPK戦が50人目で決着、両チーム譲らず2日間にわたり死闘。
サッカーの試合で互いのチームが譲らない場合、最後の決着を付けるために行われるPK戦。多くは長時間の試合とは対照的にあっさりと勝負がついてしまうものだが、日本では2010年11月の全国高校サッカー選手権福岡大会決勝で、九州国際大学付属高校と東福岡高校が22巡44人のPK戦を繰り広げ話題を呼んだ。しかしこのほど、米国の高校サッカーでこれを上回る50人のPK戦が2日にまたいで行われ、米国内で話題を呼んでいるようだ。

米紙ロサンゼルス・タイムズや米スポーツ専門局ESPNなどによると、この試合は2月21日に行われた、カリフォルニア州サンディエゴのビショップズ・オブ・ラ・ホーヤ高校vs.サンディエゴ・クロフォード高校の一戦。両校の試合は午後3時30分から始まり、延長戦を行っても同点のまま両者譲らず、決着の行方はPK戦へともつれ込んだ。しかし両校の選手や関係者にとっては、ここからが本当の死闘と呼ぶべき対決だった。

最初の5巡10人でも決着がつかなかったPK戦は共に一歩も引かず、20人目、30人目とさらに続く。そうこうしてる間に21巡42人目にまで達し、スコアは18-18と依然同点。そして両校の意地がぶつかり合う膠着状態に、ついに審判が決断を下した。この時点で試合開始から2時間半が過ぎており、時間は午後6時。辺りはすっかり暗くなり、「ゴールキーパーの視野が確保できず、あまりに危険」と判断し、翌日にPK戦を再開することが決定したそうだ。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2012年2月28日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。