大橋のぞみが最後のメッセージ「中学生になったら将来の夢を決めたい」。

大橋のぞみが最後のメッセージ「中学生になったら将来の夢を決めたい」。
拡大する(全1枚)
3月31日をもってすべての芸能活動を終了する人気子役の大橋のぞみ(12歳)が、19日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演。「崖の上のポニョ」と「今日の日はさようなら」を歌い、これまでの芸能活動を振り返ると共に、今後についても語った。

番組では、もともと「崖の上のポニョ」の仮歌としてキャスティングされた大橋が本採用に至った経緯をスタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーが紹介し、テレビでは最後の披露となる38万枚のヒット曲「崖の上のポニョ」を歌唱。そして手紙の形で今後の抱負を明かし、最後は深々とおじぎをしながら「中学校も頑張ります。今までありがとうございました」との言葉で出演を締めくくった。

手紙の内容は次の通り。

※※※ ※※※ ※※※

「思い出とこれからのこと」

いろんなドラマに出たり
東京ドームで始球式をしたり
飛行船に乗せてもらったり
パンダに会えたり
数えきれないほどたくさん楽しいお仕事がありました。

ポニョを一緒に歌うことになった藤岡藤巻さんは
2人とも優しくていつも遊んでくれたから、とても楽しかったです。
藤岡さんはギターを教えてくれて、
藤巻さんは、オヤジギャグでたまに笑わせてくれました。
2人とものぞみの結婚式に呼んでねと言っていたので
何年後かわからないけど、呼ぼうと思うので来てください。

お仕事は楽しかったけど、まだ将来何になりたいかわからないから
中学生になったら、勉強をがんばったり、吹奏楽部に入ってトランペットを吹いたりしたいです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク