AKB48前田敦子卒業に秋元康は?「もう前田の好きにさせてあげたい」。
拡大する(全1枚)
アイドルグループAKB48前田敦子(20歳)が、3月25日に行われた公演「業務連絡。頼むぞ、片山部長!inさいたまスーパーアリーナ」最終日に、グループからの卒業を発表した。これまでエースとしてAKB48をけん引してきた前田だけに、卒業はファンにとっても、メンバーにとっても衝撃のサプライズとなったが、この件について総合プロデューサーの秋元康氏がGoogle+でコメントを発表している。

これまで前田から何回か相談を受けていた秋元氏は「もちろん、引き止めました」としながらも、話し合いをしていく中で最終的には「自分で決めなさい」と決断を前田に委ね、「もし、発表するならSSAの最終日」と話していたそう。そして迎えた25日の公演で「前田が胸に手を当て、落ち着こうとしているのを見た時、『発表するつもりだな』と思いました」と、“その時”を振り返っている。

また、秋元氏は「前田敦子はストイックです。なあなあな関係が嫌いで自分を追い込みます。孤独です。自分への苛立ちが、時に誤解される“不機嫌さ”です。でも、みんなが自分に気を遣ってくれることもつらかったようです。このままAKBの心地いい環境にいたら、もっとわがままになってしまう自分が怖かったのかもしれません。だから、敢えて厳しい世界に飛び込もうと思ったのでしょう」と気持ちを代弁。

その上で「そんな不器用な前田を6年半もセンターに指名してしまったわけですから、もう前田の好きにさせてあげたいと思いました」と、最終的にこの決断に至った胸中を明かし、「具体的なことは、まだ何も決まっていませんが、みんなで前田の卒業を祝ってあげませんか?」とファンに呼びかけている。