事故死した仲間に寄り添う犬、道路の中央で危険を顧みずたたずむ。

事故死した仲間に寄り添う犬、道路の中央で危険を顧みずたたずむ。
交通量の多い道路の中央で、事故死した仲間のそばを離れず、じっと寄り添い続けた犬。そんな深い情を見せた犬が米国で話題を呼んでいる。

米放送局KTLA-TVなどによると、この一件があったのは4月11日のこと。カリフォルニア州ラ・プエンタの通りで、1頭のゴールデン・レトリバーが不運にも事故に巻き込まれてしまった。しかし、飼い主がそばにいるわけではなく、動かなくなった後にすぐ誰かが駆けつけるというような状況にはならなかったようだ。

すると、道路で放置状態となった犬の亡骸のそばに、1頭のラブラドール・レトリバーが出現。動かなくなった犬に寄り添い始めると、目の前を多くの車が通り過ぎていく状況の中、仲間を守るようにじっと佇んでいたという。その行動は目撃した多くの人も胸を打たれたそうで、ある男性は2頭の犬がさらに車に轢かれぬよう、周囲にパイロンを置いて保護。さらにそのシーンを撮影して、YouTubeに動画「Dog braves traffic to stick by fatally struck pal video」(http://www.youtube.com/watch?v=10PNTNt2hpQ)を投稿した。

この動画は大きな注目を集め、たくさんの米メディアが報道。仲間を思う犬の行動は、多くの人の感動を呼び、動画の再生回数は100万回を突破している(4月18日現在)。その後、ラブラドール・レトリバーは動物保護センターに引き取られ、マイクロチップが無かったことから“所有者なし”の犬として引き取り手探しが行われた。結果、現場でパイロンを立てて動画を撮影した男性が名乗りを上げたそうだ。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。