桃鉄が“原点”ボードゲームに、生みの親・さくま氏が制作総指揮。

桃鉄が“原点”ボードゲームに、生みの親・さくま氏が制作総指揮。
タカラトミーアーツは6月13日、人気ゲームソフト「桃太郎電鉄」を家庭用ボードゲームにした「桃太郎電鉄ボードゲーム『大どんでん返しの巻』」を発表した。発売日は7月26日で、価格は3,990円(税込み)。

「桃鉄」はプレイヤーが鉄道会社の社長となり、サイコロを振って目的地を目指しながら日本全国の物件を購入し、利益や資産を競い合う人気ゲームシリーズ。1988年に第1作目がファミコン向けに登場して以来、プラットフォームを変えながら現在までの累計販売本数は1,200万本を超えており、2013年には25周年の大きな節目を迎える。

そんな根強いファンがたくさんいる「桃鉄」だが、シリーズの生みの親でゲームクリエイターのさくまあきら氏の中には、「桃鉄」の原点でもある“子どもから大人まで誰でも気軽に楽しめるボードゲーム”を作りたいとの想いがあった。今回、タカラトミーアーツはそうしたさくま氏の想いと、「桃鉄」の新作を望む多くのファンの想い、双方を形にする方法を模索。シリーズを重ねながら多様化したゲームルールを見直し、サイコロやカードなどアナログな要素に徹底的にこだわって、ゲームソフトではない“新しい「桃鉄」の姿”を完成させた。

誕生した「桃太郎電鉄ボードゲーム『大どんでん返しの巻』」は、さくま氏が制作総指揮を担当。桃鉄のコンセプトをそのまま家庭用ボードゲームに落とし込んだ商品で、開発現場では“マイファースト桃鉄”と呼ばれているという。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2012年6月14日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。