“コバラ紛らわす”ためのガム、ロッテが新ジャンルの「プクー」。

“コバラ紛らわす”ためのガム、ロッテが新ジャンルの「プクー」。
ロッテは3月26日、“残業中や仕事帰りの電車の中など、モノを食べにくい時に、こっそり噛んでコバラを紛らわせることができる”ことをコンセプトにした新ジャンルのガム「プクー<ダブルグレープフルーツのジュレ>」と「同<マスカットスムージー ミント添え>」を発売する。価格はオープン(130円前後)。

今回登場する「プクー」は、口の中の水分を吸って膨張する水溶性の食物繊維グルコマンナン配合により、空腹感を紛らわせることができるガム。グルコマンナンは、こんにゃく芋に多く含まれることからコンニャクマンナンとも呼ばれるもので、水を吸うととろりとしたゾル(※ゼリーやプリンのような形を保持しているぷるりとした状態をゲルというのに対して、ヨーグルトや生の卵白のように流動性のあるとろりとした状態のこと)を形成する。

「ダブルグレープフルーツのジュレ」は、グルコマンナンを配合したグレープフルーツ風味がベースのガムに、ピンクグレープフルーツフレーバーのチップを加えた爽やかな風味。また、ジュレのような独特な食感も楽しめる。

「マスカットスムージー ミント添え」はグルコマンナンを配合したマスカット風味がベースのガムに、ミントチップを加えたすっきりとした味わい。また、スムージーのような独特な食感も楽しめる。

ターゲットは20~30代の社会人女性で、“コバラの隙間”に、場所を選ばず口に運びやすいガムを食べる新しいライフスタイルを提案していく計画だ。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2013年3月5日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。