“世界の休暇数比較”日本は? 有給休暇+公休日の1位はロシアに。

“世界の休暇数比較”日本は? 有給休暇+公休日の1位はロシアに。
オンラインホテル予約サイトのHotels.comは3月26日、「世界の休暇数」調査の結果を発表した。その結果には、有給取得日数と公休日(土・日除く)を合わせた休暇日数の“格差”が顕著に現れ、法に定められた有給休暇と公休日の合計日数で比べると、1位のロシアは年間で40日の休暇がある一方、最下位のメキシコは13日という結果となっている。

今回調査対象となった30か国の平均有給休暇と公休日の合計日数は28日で、1位のロシア(40日)に続く2位は36日のイタリアとスウェーデンだった。下位では、カナダが15日、メキシコが13日となっている。

日本の場合、年次有給休暇の付与は10日から。また、2013年の祝日(振替休日含む、土日除く)は13日あり、銀行休日の3日を合わせると26日の公休日となり、世界平均の28日に比べると2日少ない。

この結果についてHotels.com日本・韓国マーケティング・ディレクターの吉原聖豪氏は、「有給休暇と公休日の合計日数に関して、世界にこれほどの大きな開きがある結果には驚きです。特に第1位のロシアと最下位のメキシコを比べてみると、27日も差があり、これは1週間の労働時間の5週間分以上に相当するものです。一方、日本は平均的とは言え、アジアの中では上位に入ります。今後、日本の方々には、ハッピーマンデーなどを含め、うまく家族や友人との旅行にこういった時間を使っていってもらいたいですね」とコメントしている。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。