変態仮面の続編は「期待して」、愛子ちゃんはポロリ見えていた。

変態仮面の続編は「期待して」、愛子ちゃんはポロリ見えていた。
       
4月20日から拡大公開が始まり、依然として前週比100%越え&スクリーンアベレージ100万円以上を記録するなど、好調な興行を続ける映画「HK/変態仮面」。そんなヒットを記念して、主演の鈴木亮平(色丞狂介、変態仮面役)、ヒロインの清水富美加(姫野愛子役)、そして福田雄一監督が、東京・新宿の新宿バルト9で舞台挨拶を行った。

登壇した3人へのサプライズとして、観客席全員がパンティをかぶってお出迎えしたこの日のイベント。「凄い!凄い!」「持参したの?」「かぶらされたの?」と3人は口々に驚きの声をあげた。このパンティは主催者側が劇場入場時に観客へ配り、「かぶってください」とお願いしたものだ。

しかし、この光景を見た福田監督からは「なぜ、初日の舞台挨拶でこれをやらなかったの?」と宣伝スタッフへのお叱りも。また、その異様な光景はサプライズ演出に慣れているマスコミ陣が、登壇したキャストに背を向け、観客席へ振り返ってシャッターを切るほどだった。

今回はこれまでの舞台挨拶でなかなかできなかった質疑応答がメイン。予告編などにはあったものの、本編ではカットされたシーンが存在しているが、この点について福田監督は「主人公の心情的なところに引き込まなければならないときに、悪い癖で、つい照れ隠しで悪ふざけのカットを入れてしまう。今回はふざけずに真面目に悩んでいる方が面白いんじゃないかと思ったから」と理由を説明した。

撮影中のポロリや、編集中に見えてはいけないものについては、「安田顕についてはちょいちょい見えていました(笑)。変態仮面の衣装は2か月くらいかけて綿密に作ったんですが、安田さんのは適当だったんで(笑)」(福田監督)、「位置によってはありましたけど、撮影中はみんな家族みたいになっていましたから(笑)」(鈴木)とのこと。そして福田監督に「ぶっちゃけ、見えた?」と振られた18歳のうら若き乙女・清水は、「見えたか見えてないかで言えば……見えてました」と苦笑した。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月26日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。