モスクワに“秘密地下街”発見、違法滞在者が映画館やカフェなど運営。

モスクワに“秘密地下街”発見、違法滞在者が映画館やカフェなど運営。
ロシア・モスクワでは最近、2009年に閉鎖された市場跡の地下で、主に中央アジアからやって来た出稼ぎ労働者が違法滞在していることがわかり、200人以上が拘束される事件があった。地下には大量のミシンが置かれた仕事部屋のほか、カフェや映画館などさまざまな店も開かれ、世間と隔絶された“秘密地下街”として多くの労働者に利用されていたそうだ。

米放送局NBCや英スカイニュースなどによると、秘密地下街が発見されたのは、2009年に建物が閉鎖されたというモスクワ市内のチェルキゾフスキー市場地下。かつては東欧最大の市場として賑わいを見せた市場だったが、不法入国者を介した密輸入品取引なども横行し、利権を得ようとした行政関係者も現れたため、ロシア政府が2009年、強制的に閉鎖したという。

今回拘束された200人以上の労働者は、多くがタジキスタンやウズベキスタン、キルギスなど旧ソビエト連邦諸国の出身者。こうした労働者の多くは、お金を稼げるモスクワで仕事を見つけ、実家に送金しながら生活を送っている。それだけに、大きな収入源だった市場の急な閉鎖に対応できなかった労働者も少なくなかったようで、そうした労働者たちによって仕事を続けられる“秘密地下街”が作られ、生活と仕事の拠点として多くの人が利用していたそうだ。

警察が市場の広大な地下スペースに踏み込んだ際、彼らが主に縫製の仕事に従事していたとあって、作業場と見られる場所からは大量のミシンを発見。彼らが生活をしていた居住スペースには、飼育されていた鶏も見つかった。ほかにも、映画館やカフェ、カジノといったさまざまな店まで運営されていたそうで、彼らは外に出なくても出来るだけ快適に過ごせるよう、独自に地下街を発展させていったようだ。

2011年には使われなくなった核シェルターから“秘密地下街”が見つかった例もあるなど、違法労働者の存在はロシアの大きな問題。ただ、その原因は、彼らを低い賃金で雇って危険な仕事に従事させるロシア国内の経営者にある、と話す人権活動家もおり、問題解決を図ろうとしないロシア政府の責任を指摘する声もある。


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
モバイル版:http://www.narinari.com/mobile/

あわせて読みたい

気になるキーワード

Narinari.comの記事をもっと見る 2013年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら