栗原類「黒執事」で謎の葬儀屋、個性的な“怪演”を監督も絶賛。

栗原類「黒執事」で謎の葬儀屋、個性的な“怪演”を監督も絶賛。
先日、俳優中心に活動する方針を明かした栗原類(18歳)が、映画「黒執事」に出演することがわかった。事件の発端となった他国の大使館員の遺体を運ぶ“謎の葬儀屋”ジェイ役で、闇社会に生きる、年齢不詳の浮世離れしたキャラクターを演じる。

その衣装は監督たちがこだわり抜いた奇抜な衣装。特に帽子はジェイのイメージに合わせて制作したオーダーメイドで、モデル業もこなす栗原もお気に入りだという。ジェイは原作をベースにしたオリジナルキャラクターとなる。

今回の「黒執事」への出演について、栗原は「オファーを頂いたときは、嬉しさと不安がありました。水嶋ヒロさんの3年ぶりの俳優復帰作に出演できて嬉しいですが、僕は芝居経験がほとんどないので、お力になれるかどうか不安でした。役作りは色々と考えてきましたが、現場に入ると、子どもの夢みたいな、まるでティム・バートンの映画のような世界観だったので、感じたことを自由に演じさせて頂きました。また、現場で水嶋さん、剛力さんとお話しすることで、自分の役が見えてきました」とコメント。

また、衣装についても「好きです。特に帽子がトップハットなのに、色々付いていて、珍しくて素敵です。衣装、全てまるごと頂きたいですが、お値段がいくらになるか分からないので、、、」と印象を語った。

本作でメガホンを執る2人の監督の一人、大谷健太郎監督は「栗原類さん演じる葬儀屋ジェイは、原作をベースにしたオリジナルのキャラクターですが、ジェイを演じられるのは、栗原さんをおいて他にいないという思いで、出演を依頼しました」とオファーした理由を説明。実際に撮影では「とにかく妖しく謎めいたジェイのキャラクターが、栗原さんに思い切りハマりました。しかも栗原さんは、とても熱心に役作りのプランを提案してくれました。ジェイの大好物であるクッキーの食べ方や、お金に執着する演技など、彼のアイデアが満載で、本当に面白いシーンが出来ました。ほかに比べようの無い栗原さんの個性と存在感に、ぜひ魅了されて下さい」と高く評価している。

あわせて読みたい

栗原類のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「栗原類 + Instagram」のおすすめ記事

「栗原類 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「満島ひかり」のニュース

次に読みたい関連記事「満島ひかり」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「土屋アンナ」のニュース

次に読みたい関連記事「土屋アンナ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 栗原類 Instagram

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。