男性&女性用ソーセージに抗議、ラベルに写る男女の写真が性差別的?

男性&女性用ソーセージに抗議、ラベルに写る男女の写真が性差別的?
先日、ドイツで発売されたソーセージの新商品が物議を醸している。そのソーセージが“性差別的”として、ある女性ジャーナリストが問題視。これがメディアで取り上げられ、ちょっとした話題を呼んでいるようだ。

独ニュースサイトのザ・ローカルや英紙デイリー・メールによると、問題のソーセージを売り出したのは独大手スーパーのEDEKA。同社は先日、グループ食肉部門のRasting社がバーベキューシーズンに合わせて開発したという、ソーセージの新商品2種類を発売した。1つは太くて強いスパイスを効かせた1本100グラムのソーセージ、5本入りで2.99ユーロ(約390円)のパック。もう1つは、1本50グラムと細く、食べやすいサイズにした5本入り1.99ユーロ(約260円)のパックだ。

一見、ただのソーセージの新商品なのだが、問題は2つのコンセプトにある。大きいソーセージのパックには、魅惑的なドレスを着た女性が写るラベルが貼られ、“男性用”と銘打たれて販売されており、細い方には筋骨隆々な上半身裸の男性の写真をラベルに使って“女性用”として販売。EDEKAでは、食欲旺盛な男性には「心から楽しんで」大きなソーセージを食べてもらい、同時にスリムなスタイルを望みがちな女性も一緒に食べて「喜んで欲しい」と、それぞれの需要に合わせた“男性用”“女性用”を考え、発売したと説明している。

このソーセージに「耐えられない」と怒りを見せたのが、“フェミニストジャーナリスト”として活動しているスーザン・エンツさん。彼女は商品を見たとき、ほとんどの消費者が「冗談と捉えて反応する」のは理解したそうだが、商品名やラベルの表現方法などが、一般的な性差イメージを面白おかしく利用した“性差別的”なやり方だと、EDEKA社の姿勢に疑問を感じたという。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2013年7月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら