助っ人が背番号「42」好む理由、リベラ投手引退でMLBからは姿消す。

助っ人が背番号「42」好む理由、リベラ投手引退でMLBからは姿消す。
日本のプロ野球に“助っ人”としてやって来る外国人選手には、背番号「42」を付ける選手が多い。日本では「4(し)2(に)」と読まれ、「死」を連想させる不吉な数字だが、なぜ、助っ人外国人選手たちが好んで「42」を背負うのだろうか。

実は「42」は、メジャーリーグでプレーするすべての選手にとって特別な意味を持つ数字。メジャーリーグで初めて黒人選手として契約を結んだジャッキー・ロビンソンが背負っていた番号で、現在、全球団共通の永久欠番となっているためだ。

ジャッキー・ロビンソンはキング牧師がリンカーン記念堂の前で有名な“I Have a Dream”(私には夢がある)の人種差別撤廃の演説(1963年)をする実に16年前、1947年に、当時白人選手だけで構成されていた400人のメジャーリーガーの中で、たったひとりの黒人選手として契約を結び、世界に本当の自由を示した選手。

彼を起用した当時ドジャースのGMを務めていたブランチ・リッキーと、「どんなに嫌がらせを受けたとしても、何にも屈せず、やり返さない勇気を持つ」ことを約束し、白人選手以外に開かれることのなかったメジャーリーグ界の堅牢な門戸をこじあけた。

そんなジャッキー・ロビンソンの偉業と功績は讃えられ、彼のメジャーデビュー50年目にあたる1997年4月15日に、メジャーリーグで唯一、彼が現役時代に背負った「42」が全球団共通の永久欠番に。さらに毎年4月15日は“ジャッキー・ロビンソン・デー”と制定され、メジャーリーガー全員が「42」を背負い、彼への敬意を表している。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2013年9月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。