「香川使えよ」中国からも疑問、マンUファンの“監督解任要求”も。

「香川使えよ」中国からも疑問、マンUファンの“監督解任要求”も。
ドイツのドルトムントで目覚ましい活躍を見せ、昨年プレミアリーグのビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司選手だが、2シーズン目を迎えた今年は監督が代わって出場機会が激減しており、いまだこれといったインパクトを残せていない状況だ。そんな香川選手の境遇を心配するかのように、日本ではさまざまな議論を呼び起こしているが、お隣の中国でも、香川選手の境遇の変わりように驚きの声が漏れ始めている。

9月28日に行われたプレミアリーグ第6節マンU対ウエスト・ブロムウィッチ戦。香川選手はこの試合、今シーズン初のリーグ戦出場を果たした。34分には絶妙なクロスを上げ、MFアンデルソン選手のクロスバーを叩くヘディングシュートをお膳立て。続く38分にはペナルティエリア手前でボールを受けてシュートを放ち、守備面でも積極的に貢献している印象を受けた。しかし、モイーズ監督の評価は得られなかったようで、後半開始同時に18歳のMFヤヌセイ選手と交代を命じられ、記念すべき“今季リーグ戦初出場”はあっけなく幕を閉じてしまった。

この交代に関しては、地元英国でも日本でも物議を醸し、正しい采配なのかどうかの判断は難しいところだが、香川選手がピッチを後にした後、相手に先制点を決められ、最終的に敗れてしまったのは事実。特に今季のマンUは開幕6戦ですでに3敗目を喫しており、過去24年で最悪のスタートとなっている。

多くのマンUファンを抱える中国でも、ウエスト・ブロムウィッチ戦の敗戦はショッキングな出来事であったようで、試合後はさまざまな報道が飛び交うとともに、微博(中国版ツイッター)のマンUアカウントでは、モイーズ監督に対する「辞めろ!」コールが噴出した。同時に香川選手の境遇に関しても疑問を呈する声が多く書き込まれ、「香川もっと使えよ」「前半のプレーは良かっただろ。なぜ下げる?」「モイーズは単に香川が嫌いなのか?」「今のマンUでクリエイティブなプレーをできるのは香川だけなのにアホかこいつは」などと過激な言葉が並んだ。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2013年9月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。