中国も速報「長友歴史的快挙」、ミラノダービーでキャプテンマーク。

中国も速報「長友歴史的快挙」、ミラノダービーでキャプテンマーク。
12月22日に開催されたセリエA第17節、インテルとACミランのダービーマッチ。試合は終盤のゴールでホームのインテルが勝利(1-0)をおさめたが、この試合、勝利とは別に日本人ファンにとって嬉しい出来事があった。それが長友佑都選手が試合途中からチームキャプテンを務めたこと。中国メディアも「歴史的快挙」として速報で伝えている。

長友選手はフル出場を果たすとともに惜しいヘディングシュートを放つなどチームの勝利に貢献したが、サプライズが訪れたのは試合終盤の82分。それまでキャプテンを務めていたカンビアッソ選手が交代で下がる際に、キャプテンマークを長友選手に手渡したのだ。その後、長友選手はロスタイム含めて約10分間キャプテンマークを巻くことに。決勝ゴールはその数分後に生まれており、自身もプレーに絡んだことから、本人にとっては思い出深い出来事になったことは間違いない。

中国のスポーツメディア騰訊体育もこのサプライズを試合結果とともに速報で伝えており、「インテルは後半、第1キャプテンのサネッティ、続く第2キャプテンのカンビアッソの交替にあたり、キャプテンマークは長友佑都に手渡された。1人の日本人選手が名門インテルのキャプテンになった。これはきっとアジアサッカーの歴史的瞬間に違いない」とし、試合のハイライト級の扱いをした。長友選手が初めてキャプテンを任されたのが、ACミランとのダービーマッチであることが強烈な印象を与えたようだ。
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。