鮮明に甦る日活ロマンポルノ、初BD作品含む80タイトルを一挙リリース。

鮮明に甦る日活ロマンポルノ、初BD作品含む80タイトルを一挙リリース。
日活が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」が、2016年、生誕45周年を迎える。これをスタートに2021年の50周年へ向け、新作製作と旧作の活性化をあわせた横断的な“ロマンポルノリブートプロジェクト”を開始。その一環として、これまでディスク化されていなかった作品や、初ブルーレイ化の作品など全80タイトルの作品を2016年に一挙リリースすることが決定した。

今回の初ブルーレイ化作品には、宮下順子が初挑戦したコメンタリーが収録された「四畳半襖の裏張り」(1973年/神代辰巳監督)や、初ディスク化となる五月みどり主演作「ファイナルスキャンダル 奥様はお固いのがお好き」(1983年/小沼勝監督)や、天地真理主演、ジョニー大倉共演で話題を呼んだ「魔性の香り」(1985年/池田敏春監督)などがあり、これらブルーレイ作品は、高齢者にとっても見やすい「バリアフリー字幕(聴覚障がい者向け字幕)」付きとなっている。

ブルーレイとDVDを併せて、80タイトルのリリースを予定。第1弾は、4月2日に発売する。

「ブルーレイシリーズ」(4,200円)に加え、初DVD化作品を集めた「ゴールドプライスシリーズ」(3,000円)、これまでにもリリースされている再発作品を集めた「シルバープライスシリーズ」(2,000円)と3種類の価格設定で提供し、2016年ロマンポルノ製作開始45周年を盛り上げていく。

今回、思い入れの深い神代作品であることから参加OKとなった、主演女優・宮下順子の奇跡のコメンタリーが収録されている「四畳半襖の裏張り」は、あのフランソワ・トリュフォーが「女の美しさを讃え、男の愚劣さを告発するという構造は、ジャン・ルノワール的なおおらかな精神」を表現していると賞賛。同じく宮下の主演作である「赤線玉の井ぬけられます」も観るつもりであると語った(「トリュフォー最後のインタビュー」平凡社刊より)という談話が残っているほど、世界的にも高く評価されている。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月18日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。