こじはる「有吉AKB」への想い、珍しい長文投稿にファンもしんみり。

こじはる「有吉AKB」への想い、珍しい長文投稿にファンもしんみり。
拡大する(全1枚)
人気バラエティ番組「有吉AKB共和国」(TBS系)が、3月28日の放送をもって6年間の歴史に幕を閉じた。それに伴い、番組MCを務めてきたアイドルグループ・AKB48小嶋陽菜(27歳)が自身のInstagramで、番組への想いをつづっている。

「有吉AKB共和国」は、タレントの有吉弘行(41歳)にとって初の冠番組として、2010年3月にスタート。深夜番組らしい際どいトークや企画も交えながらAKBファンを中心に好評を集め、番組は6年間も続いた。

小嶋は「6年前の私に、後にも先にもないMCをやらせていただき、共和国は、雑誌だけでは伝わらない私をたくさん引き出してくれました」と感謝。そして「セクシーモノボケ、セクシーなぞなぞ、フリフリ対決、赤パン相撲。。。6年間、スタッフさんの変わらないスタンスでめちゃくちゃなことをやってきたからこそ、今の自分があるし、自分にしかないという自信にもなりました」と、小嶋の芸能活動にとって大きな役割を担ってきたとの想いを明かした。

また、「鎧を着てパスタを食べに行ったり、走ったり、『ちんちん電車』という言葉は何度言わされたか数えきれません。卑猥な歌詞を歌ったり、ゲデモノを食べたり、ハイレグで相撲をとったり、、ビューティー誌に出ているのに、有吉さんに浮腫んでると言われたり、下着の広告をやっていたのに胸をdisられたり、脚がシワシワと言われたり、、忘れられない思い出ばかり! 他にはない愛を感じました」と素敵な想い出の数々を回顧。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク