小林麻央は進行性の乳がんと公表、病状は「比較的、深刻ではある」。
拡大する(全1枚)
歌舞伎役者の市川海老蔵(38歳)が6月9日、都内で記者会見を開き、一部メディアが報じた妻・小林麻央(33歳)の病気について、「進行性の乳がん」と公表した。1年8か月ほど前に、人間ドックで発覚したという。

海老蔵によると、麻央の乳がんは「進行のかなり速いもの」。長男・勸玄くん(3歳)が昨年11月に「初お目見え」した際にはすでに闘病生活に入っており、夫婦で話し合いを重ねた結果、麻央の希望で「覚悟を決め」歌舞伎座に向かったという。

現在の病状については「比較的、深刻ではあると思います」とし、いろいろな抗がん剤治療を試しながら、「手術をする方向に向かって治療している」段階。麻央本人は「自分で全部理解しておりますから、前向きに病と闘って」いるそうだ。ちなみに、これまでずっと入院生活を送っていたが、最近は通院に切り替えて抗がん剤治療を受けているとのこと。

また、長女の麗禾ちゃん(4歳)と勸玄くんは、麻央の入院が長期にわたっていたため、麗禾ちゃんは「状況が少しずつわかってきている」という。海老蔵は父親として「とても寂し思いをさせているし、彼女自身はそれがわかっていながら、自分の中で闘って、ふんばって、頑張ってるんだな、ということを日々感じています」と語った。

そして麻央の胸の内について質問を受けた海老蔵は、「誰よりも一番本人が辛いと思うんです。元気になりたいという気持ちと、小さい子どものそばに居られない母親の気持ち、私には計り知れない辛さ、苦しさと闘っていると思うので……。彼女も辛いときはそういう話をするんですけども、気丈な部分もございますので、明るく振る舞ってくれます。彼女の本当の部分については、いまここでは……」と、妻を慮った。