加藤綾子アナ「“カトパン”嫌でした」

加藤綾子アナ「“カトパン”嫌でした」
拡大する(全1枚)
フリーの加藤綾子アナ(31歳)が、11月6日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。愛称である“カトパン”と呼ばれることが、最初は「嫌だった」と告白した。

この日、古舘伊知郎(61歳)、宮根誠司(53歳)という、大先輩のフリーアナ2人と共に出演した加藤。古館から「なんでフジテレビって女子アナのこと、パンパンパンパン、パンパンパンパン言ってるの? チノパン(=千野志麻)とかそのあたりから、なんとかパンって呼ぶという記憶はあるんですよ」、宮根から「“パン”の意味はあるの?」質問されると、加藤は「チノパンは…チノパンですもんね? 私も確かめたことなくて…」と不思議そうな表情を浮かべた。

また、加藤は「実際“カトパン”ってなったときに、『ええーーっ!?』と思って」と、自身が“パン”で呼ばれることになるとは微塵も思っていなかったようで、眉間にしわを寄せながら「『カトパン…!?』と思って…」と語るなど、かなり驚いたそうだ。

そしてそのときの気持ちを「嫌でした」と回顧。古館はすかさず「嫌だったというの、僕は信じられない。そんなの嫌がる人が、なんでこんなに今活躍して、タレント気取りでCM出てるの?」とツッコむと、加藤は「ごめんなさい」と大笑いしながら、笑い崩れていた。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20161140634.html

編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤綾子のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤綾子」に関する記事

「加藤綾子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤綾子」の記事

次に読みたい「加藤綾子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク