中村蒼が立川談笑と“26歳差同棲”
拡大する(全1枚)
俳優の中村蒼(25歳)が、落語家の立川談笑(51歳)と年の差26歳の同棲生活――。そんな笑って叫んで困惑の1週間を追った旅番組「チョイ住み」(NHK BSプレミアム)が、3月4日19時から放送される。

その他の大きな画像はこちら



その街にまるで引っ越したような、全く新しい旅番組として評判の「チョイ住み」。「その国にちょっとだけ住んでみる」をコンセプトに、現地の人と同じ目線に立つことで、ガイドブックには載っていないその国の素顔を浮き彫りにしていく。第10弾を迎える今回の旅先は、お隣の国・韓国の釜山(プサン)だ。

下町情緒あふれる港町・釜山に1週間滞在することになった、初対面の2人。出会って5秒でいきなり同棲生活という事態に、中村は「談笑さんにはじめてお会いしたときの印象は『うわぁ、でかい!』でした(笑)。想像していたより背が高くて、最初はそこに圧倒されました」と印象を語る。

“旅”ではなく“住み”なので、ポイントはホテルに泊まらない、観光名所には行かない。韓国を知らない2人が、アパートを借りて、生活のルールを決めて、日用品を買い、近所の市場に出かけて、食事を自炊して、現地の人の目線で街を見つめ、ガイドブックには載っていない魅力を発掘する。豪快で自由で、料理上手で話上手な談笑と、おっとりマイペース、海外経験も少なく若干人見知りな中村。一見合わなそうな2人が、言葉も文字も地図も分からない異国の地でのふたり暮らしで発見したものとは、いったい何だったのだろうか。