「断腸の思い」事務所が山本裕典と契約解除
拡大する(全1枚)
芸能事務所のエヴァーグリーン・エンタテイメントは3月21日、所属する俳優・山本裕典(29歳)との契約解除を発表した。

同事務所は公式サイトに「山本裕典に関するお知らせ」と題する文書を掲載。その全文は次の通りだ。

※※※ ※※※ ※※※

いつも山本裕典ならびに弊社所属のタレントへの応援、誠にありがとうございます。

この度、マネージメントをしておりました山本裕典が弊社とのマネージメント業務委託契約の内容に違反したため 2017年3月21日付けで山本裕典とのマネージメント業務委託契約を終了することにいたしました。

本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。
しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました。

デビュー以来11年もの間、山本裕典を多くの人たちを魅了する俳優にするべく一緒に精進し、苦楽を共にし、彼の俳優として生きる姿勢を支えてきました。そのため、このような結果は、非常に残念であり、私共の指導力不足を痛感しているところでもあります。

今まで長年にわたり山本裕典を応援していただいたファンの皆様、支えていただいた関係者の皆様、ご期待に添うことができず、大変申し訳ございませんでした。

これからは別々の道を歩む事になりますが、今後山本裕典がどのように歩を進めていくのか、温かく見守っていただけたら幸いです。