横綱史上初、稀勢の里が「北斗の拳」化粧まわし

横綱史上初、稀勢の里が「北斗の拳」化粧まわし
第72代横綱稀勢の里が、大相撲5月場所にて、「北斗の拳」のラオウ、ケンシロウ(太刀持ち)、トキ(露払い)のビジュアルを使用した化粧まわしを着用して土俵入りすることがわかった。実物は5月6日開催予定の「横綱昇進披露宴」で披露される。

その他の大きな画像はこちら



この化粧まわしは、株式会社コアミックスが大相撲とのコラボとして、同社が支援している稀勢の里のために制作したもの。横綱がマンガをテーマにした化粧まわしを着用して土俵入りするのは史上初の試みだ。

実は同社、稀勢の里が大関の頃から長く支援を続けており、かねてより稀勢の里が横綱になった際には化粧まわしを作る約束をしていた。そして、2017年1月場所の優勝決定後、横綱昇進が決まった稀勢の里は、横綱昇進伝達式後に同社を訪問。用意していた「北斗の拳」キャラクターの中からラオウを選択し、今回の着用に至った。

稀勢の里関がラオウを選択した理由は、尊敬する師匠・先代鳴戸親方(元横綱・隆の里)の「孤独にならないと強くなれない」という教えと、その教えを愚直に守り、言い訳をせずにここまで孤独に邁進してきた今の自分の姿が、主人公のケンシロウではなく、孤独に戦うラオウに重なったからという考えから。

稀勢の里は今回の化粧まわしについて、次のようにコメントしている。

※※※ ※※※ ※※※

化粧まわしを選ぶ際、自分の性格的にはラオウというのがあるのかなと思いました。

孤独で強いってイメージがありますし。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Narinari.comの記事をもっと見る 2017年4月25日のスポーツ総合記事
「横綱史上初、稀勢の里が「北斗の拳」化粧まわし」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    播磨灘もよろしく

    0
  • 匿名さん 通報

    我が生涯に一片の悔い無し

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。