社長が発表「マーベルはさらに20作品予定」

社長が発表「マーベルはさらに20作品予定」
拡大する(全1枚)
マーベル・スタジオ社のケヴィン・フェイグ社長が、今後マーベル・シネマティック・ユニバースからさらなる20作品が予定されていると発表した。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ」第4弾を控えているフェイグ社長は、ヴァニティ・フェア誌とのインタビューで次のように話している。

「マーベルからは22作品が出ているけど、さらにこれまでとは全く違った20作品を予定しているんだ」
「『アベンジャーズ』第4弾はこれまでのスーパーヒーローものでは見たことがないような内容になるよ」
「2つの時代に別れることになる。『アベンジャーズ』第4弾以前のものと以降のもの。みんなが期待しているものではないだろうね。特に以降のものは」

「アベンジャーズ」第4弾は、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)、マーク・ラファロ(ハルク)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)らが契約終了を迎えるため、最後の共演となる模様だ。

しかし、トム・ホランド(スパイダーマン)やチャドウィック・ボーズマン(ブラックパンサー)、ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル)など新たなメンバーと共にシリーズは続行するという。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171146852.html

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アベンジャーズ」に関する記事

「アベンジャーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アベンジャーズ」の記事

次に読みたい「アベンジャーズ」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク