ダンテ「白戸家、最初は意味わからなかった」

ダンテ「白戸家、最初は意味わからなかった」
12月10日、新宿バルト9(東京・新宿区)で映画「白戸家の10年 the CMovie」の公開記念舞台挨拶が行われ、白戸家のお兄さん役ダンテ・カーヴァーと、白戸家のお父さんが出席。テレビCMとはうってかわり、ふたりの“ラブラブな関係”が明らかになった。

その他の大きな画像はこちら



映画「白戸家の10年 the CMovie」は、ソフトバンクの人気テレビCM「白戸家」シリーズの10年間を60分間に詰め込んだ作品。CMだけでなく、未公開テレビCMや白戸家のお父さんが犬の友達と当時のテレビCMについて意見を交わすシーン、お母さん役の樋口可南子と娘役の上戸彩が「白戸家の10年」について語り合うシーンなども収録した、「白戸家」ファンのための映画となっている。

お父さんを“引っ張って”ステージに登場したダンテは、お父さんを抱き上げて台に座らせてから自己紹介。「とても楽しかったです」と白戸家の10年を笑顔で振り返ったが、最初にCMのオファーが届いたときには「台本を読んだとき、ぜんぜん意味がわからなかった」と暴露し、最初のCM撮影時はお父さんが犬であることが理解できず、CMはギャグなのか、新時代の作品なのか、そんなことに頭を悩ますような状態であったことを明かした。

一方、そんなダンテをよそに、お父さんは台の上で周囲を見回したり、立ち上がったり、座ったり、アクビをかいたりと、終始落ち着かない様子。「ノドの調子が悪い」ということで残念ながら挨拶の言葉はなかったが、ときおりダンテの顔に鼻を寄せるなどかなりの“ラブラブぶり”を披露。テレビCMでは「お前に別件などない!」などと容赦ないツッコミを入れ、何度も「すみません」と謝罪の言葉を引き出してきたお父さんだが、ダンテ自身が「最初からお父さんとは仲良くなれた」と語ったように、実は白戸家の中で一番愛しているのはほかもでない“お兄さん”なのかもしれない。

映画「白戸家の10年 the CMovie」は12月15日まで全国7地域で限定公開(札幌のみ12月30日~1月5日)。料金は一律1,000円。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171247026.html

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2017年12月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。