高橋真麻の“不幸すぎる恋愛体験”

高橋真麻の“不幸すぎる恋愛体験”
拡大する(全1枚)
フリーアナウンサーの高橋真麻(36歳)が、12月25日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。2017年、同番組で語った“不幸すぎる恋愛体験”をまとめて振り返った。

いまは恋人との関係も良好で、幸せいっぱいだという高橋。しかしこれまでは辛い経験もしてきたそうで、今年、「スッキリ」の中でも、しばしば自虐的なネタとして触れてきた。2017年の総括として、まとめて紹介されたのが次の3つのエピソードだ。

「(高校生の頃)他校の男子生徒から電話かかってきて、『付き合って欲しい』と言われて。一晩考えてお返事しようと思ったら、『あれ罰ゲームで電話してかけただけだから』」

「高校生のときに好きだった男性に、バラの花をあげようと思って持って行ったら、受け取ってもらえなくて。ホームレスの方がもらってくれました」

「高校生のときに好きだった他校の男の子がいたんですけど、会いに行ったら『寿司おごれ』って言われて。『500円玉しか持ってないからおごれない』って言ったら、向こうがその後わたしのことを『おい500円玉』ってずっと呼んできて」

そんな自身の恋愛について「なんか謎な高校時代でしたね(笑)」と振り返る高橋。最後は「それでたぶんハートが鍛えられました」と総括していた。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171247295.html

編集部おすすめ

当時の記事を読む

高橋真麻のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高橋真麻」に関する記事

「高橋真麻」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高橋真麻」の記事

次に読みたい「高橋真麻」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク