鶴瓶&たけしが元SMAPの歌唱力語る
拡大する(全1枚)
落語家の笑福亭鶴瓶(65歳)がMCを務める「チマタの噺スペシャル」(テレビ東京系)に、タレントのビートたけし(70歳)がゲスト出演。2017年を総括していく中で、元SMAPの3人がメインを張った「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)について触れるシーンがあった。

その他の大きな画像はこちら



「72時間ホンネテレビ」について、最初はわからなかったものの、鶴瓶の説明を受けて「あっSMAPか。別れた三人組」と気がついたたけし。鶴瓶が「歌をずっと歌いよったからね。72曲やったかな、すごかったですよ」と語ると、たけしは「こっちは歌の上手いほうが揃ったの? 片っぽは下手くそでしょ」と毒舌だ。

これに鶴瓶が「中居のこと? あれね、中居、下手や言うてるけどね、そんなに下手じゃないですよ。誰やとは言いませんけど、オレ、(SMAPの)コンサートの時に(仕事で)イヤホンを掛けていて、(その人物の)生の歌声が直接耳に入ったんですけれど、めっちゃ下手でしたよ」と暴露した。

たけしが「誰だろうな、香取くん?」とたずねると、鶴瓶は「香取は上手いですよ」と即答。「じゃあ草なぎくん?」と聞くと、「草なぎもまあまあやるでしょう」と返す鶴瓶。だが、「3人のうち2人上手いっていうんなら残りは…」と、たけしが稲垣の名前を出そうとした時、「あ、ごめんなさい。草なぎはあれです。吾朗はちゃんとやるでしょう」と言い直すことに。どうやら鶴瓶のいう歌の下手な人物は草なぎだったようだ。

Twitterなどネットでは「面白かった。来年も是非二人の噺を聞きたい」「中居君下手じゃないって!」「つよぽんの歌…ごめんね、おもっきし噴いた」「言いたい放題だなあ」といった反応が上がっている。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171247354.html