ファン・ビンビン魅了した日本の若き天才マジシャン

ファン・ビンビン魅了した日本の若き天才マジシャン
2017年12月1日に放送された中国・江蘇テレビの人気マジシャン対決番組「超凡魔術師(ザ・アメイジング・マジシャンズ)」。番組では当初の予想を覆し、日本の若き天才マジシャン・高橋(24歳)が頂点に立った。世界の名だたるマジシャン、地元中国の人気マジシャンを退けるとともに、審査員として出演していた世界的女優であるファン・ビンビンの度肝を抜いたマジックとは一体どのようなものだったのか。あの戦いから半年が過ぎた今、本人に振り返ってもらった。

その他の大きな画像はこちら



高橋は昨年11月、番組撮影のために江蘇テレビのある南京市に入ったが、番組に出た経緯については「本当に偶然」と語る。番組関係者はもともと日本人マジシャンを探していたそうだが、その時期、日本ではちょうど「FISM」アジアというマジックの大会が開催されており、出演できる日本人マジシャンがおらず、流れ流れて高橋にオファーが舞い込んできたからだ。

それでも高橋はそのオファーを一度辞退。「テレビで披露できるような面白いマジックができない」という単純な理由だった。高橋は「断った後、少し後悔した」と言うが、その後、目を疑うような出来事が起こる。翌日朝、目を覚ますとスマホにメッセージが入っており、「もうあなたに決めました。明日来てください!」と半ば強引に中国側が高橋の出演を決めてしまったのだ。

日本では有り得ないかもしれないが、こうして急遽「超凡魔術師」への出演が決まった高橋。出演に至った経緯もそうだが、本番までの苦労も絶えなかったそうで、「計7日間中国にいたのですが、撮影までの6日間はずっと練習していたんです。やることがまったく決まっていなかった」と内情を明かし、ディレクターから「もっと番組に合ったマジックを披露してください」「それはダメ、あれもダメ」などと“ダメ出し”が連発したとのこと。今となっては冗談で済む話かもしれないが、実際「本番15分前まで披露するマジックが決まっていなくて、追い詰められました」というから驚きだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

匠のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る 2018年5月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら