「なぜ応援は3・3・7拍子なのか?」が話題に

「なぜ応援は3・3・7拍子なのか?」が話題に
6月15日に放送されたバラエティ番組「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合)で、「なぜ応援は3・3・7拍子なのか?」との疑問が取り上げられ、その回答が話題を呼んでいる。

その他の大きな画像はこちら



「なぜ応援は3・3・7拍子なのか?」という疑問に、番組が用意した回答は「明治大学の天才がひらめいたから」というもの。

大正10年、明治大学応援団・初代団長の相馬基(もとい)氏が早稲田大学との対抗試合で考案したとのことで、当時は「勝った方がいい! 勝った方がいい! 勝った方がいいったら、勝った方がいい!」とラップ調のような掛け声だったそう。  

3・3・7拍子は先に掛け声が生まれ、相撲部も兼任していた相馬氏が、土俵入りの際に行う不知火型からこの拍子を思いつき、掛け声と合わさったが、いつしか掛け声がなくなって手拍子だけになったと説明された。

その後、大学野球などを通じて全国的に広がっていった3・3・7拍子だが、神戸大学の岩井正浩名誉教授によれば、「本当は、4・4・8拍子」とのこと。「1・2・3・間、1・2・3・間、1・2・3・4・1・2・3・間」と4拍目に間があるのが日本人のリズム感で、田植えや稲刈りといった共同で行う農作業の際に、この「間」でタイミングを合わせていると説明していた。

番組ではX JAPANの「」やピンク・レディーの「サウスポー」といった高校野球の応援歌としてお馴染みの曲が3・3・7拍子であると紹介したほか、モーニング娘。の「恋愛レボリューション」やTRFの「EZ DO DANCE」も3・3・7拍子の楽曲として取り上げられていた。

Twitterなどのネットでは「勝った方がいいって掛け声がなくなっていったのはわかるなw」「最初の337拍子の応援はなんかかわいい」「なるほど、四つ打ちってことなのね」「間が大切なのは西洋音楽でも同じ」などの声が上がっている。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20180649988.html

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2018年6月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら