小室哲哉100曲作品集、さらに重要な14曲収録の“+盤”

小室哲哉100曲作品集、さらに重要な14曲収録の“+盤”
       
先ごろ引退を発表し、自身の音楽活動にピリオドを打った、日本を代表する音楽家・小室哲哉。彼の新たな作品に触れることはできなくなったが、38年間にわたる活動期間に残してきた数々の作品は、常に衝撃や感動を与え、時代を席巻し続けた。そしてその多くは今もなお愛され、歌い継がれている。

その他の大きな画像はこちら



こうした小室作品を「今だからこそ一人でも多くの人に聴いてほしい」という意志のもと、作品集「TETSUYA KOMURO ARCHIVES」が制作された。先日、T盤・K盤に収録される全100曲の内容が公開されたが、さらに通販BOXにのみ同梱されるボーナス・ディスクの収録楽曲も公開となった。

この通販BOXは、T盤・K盤(各4枚組)に加え、ボーナス・ディスクの「+(プラス)盤」1枚と44ページのブックレットで構成される。この「+(プラス)盤」には、TM NETWORKブレイクのきっかけとなった、初めてのトップ10ヒット曲「Self Control」、後の篠原涼子プロデュースにつながる東京パフォーマンスドール「キスは少年を浪費する」、90年代に一世を風靡した男性アイドルグループのバックストリート・ボーイズに提供した「ミッシング・ユー」、そして1998年にレコーディングされながらも発売に至らなかった、甲斐よしひろの未発表曲「against the wind」(初商品化)といった小室作品を語るに極めて重要な14曲を収録。

ブックレットには小室作品の総論的解説と、今回収録されている114曲の全曲解説を掲載。全44ページの読み応えのある内容はファンならずとも必読だ。

T盤・K盤・+(プラス)盤の計9枚のCDとブックレットでさらに充実した内容となっている「TETSUYA KOMURO ARCHIVES BOX」。まさしくこの作品集の“コンプリート盤”と言っても過言ではない。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20180650016.html

当時の記事を読む

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。