「007」最新作、ロシア人の悪役が登場か

「007」最新作、ロシア人の悪役が登場か
ダニー・ボイルがメガホンを執る「007」シリーズ第25弾で、ジェームズ・ボンドはロシア人の悪役と対峙することになりそうだ。

ダニエル・クレイグ演じるボンドの最終作となる同新作に向けては、ロシア人の俳優と女優を募集中で、1999年の「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」以来となるロシア人との死闘が繰り広げられるとみられている。

製作陣は、ロシアやバルカン半島出身の30歳から60歳の男性、かつ「カリスマ性があり、力強く、想像力に富み、冷徹かつ執念深さ」を兼ね揃えた主役級俳優と、「格闘技スキル」を持った「非常に目立つ」女優を求めているとデイリー・ミラー紙が報じている。

また2人には、素晴らしい「格闘術」を持ち、「冷酷かつ忠実」なマオリ族の部下がいるという設定のようだ。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20180750378.html

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2018年7月21日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。