「ザ・シンプソンズ」人種差別騒動に原作者が見解

「ザ・シンプソンズ」人種差別騒動に原作者が見解
       
「ザ・シンプソンズ」の原作者マット・グレイニングが、登場人物のアプー・ナハサピーマペティロンについて言及した。インド系アメリカ人でコンビニエンスストア「クイックEマート」の経営者というアプーのキャラクター設定が、人種差別的描写にも関わらず、いまだにアニメに登場していると非難を受けてのことだ。

その他の大きな画像はこちら



議論を起こしたのは、インド系俳優ハリ・コンダボルによる2017年のドキュメンタリー映画「アプーにまつわる問題」だ。アジズ・アンサリやウーピー・ゴールドバーグ、カル・ペンなどの発言をまとめたこの映画の中では、アプーがアメリカの日常的な人種差別を助長しているか否かや、白人俳優がインド人キャラクターの声をあてることが、(有色人種蔑視の)ミンストレル・ショーにあたるかどうかなどが話し合われている。

これを受け、1989年からアプーの声を務めるユダヤ系白人俳優ハンク・アザリアは、自分の役作りで気分を害した人に謝罪したいと声明を出したほか、役を「降板するつもり」だとも明かしている。

アニメ「ザ・シンプソンズ」側はこの議論に対する見解を、4月8日放送のエピソード「ノー・グッド・リード・ゴーズ・アンパニッシュド」の中で、アプーは1990年にポリティカル・コレクトネスが台頭する以前に作られたキャラクターだと主張することで示したようだ。

そしてこのたび、ニューヨークタイムズ紙に対して、原作者のグレイニングは次のように話している。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。