“優香の旦那”青木崇高が結婚生活語る
拡大する(全1枚)
青木崇高(38歳)が、11月27日に放送されたバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に出演。妻の女優・優香の手料理について絶賛する一幕があった。

青木はこの日、街ロケで飲食店に取材許可を取る際に、お店の人から「優香の!」と言われ「そうです!優香の旦那です」と切り出したり、自分のことをあまり知らないような店員に「優香ってご存じですか? 優香のハートを射止めた男です」とアピール。

この様子を見ていたヒロミは「やっぱりね、『優香の旦那です』って言えるっていうのは、男の子としてあの子はね、偉い。いい。俺、青木くんのこと好きになったよ。今度飲もうな」「俺も世の中のお母さん方、お父さん方には『ヒロミです』って言うよりも『伊代ちゃんの旦那です』と言う」と好感を持ったと伝える。

そしてヒロミが、優香との暮らしについて青木に尋ねると、「よく朝ご飯を一緒に食べます。手料理もします」と語り、ご飯にみそ汁、メインに小鉢が何個かあるという本格派の朝食が出てくると説明した。

青木は「すごい崩れた目玉焼きが出ることはまずないです。やっぱりいろいろ仕事で忙しい人だから、そこらへんは全然できない人だと、覚悟ぐらいしてたんですね。ちゃらんぽらんでもそれはしかたないと。でも、もともと1人のときでもやってたみたいで」としっかりしていると賞賛すると、ヒロミらからも「やっぱね、できる子なんだよ」「めちゃくちゃ良くないですか!」といった賛同の声が上がっていた。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20181152206.html