“ポスト優香”“ファンシーララ”大森玲子が結婚
拡大する(全1枚)
ホリプロタレントスカウトキャラバン出身で、かつては“ポスト優香”とも呼ばれたタレントの大森玲子(34歳)が11月28日、公式ブログを更新し、2歳年上の会社経営者の男性との入籍を発表した。

その他の大きな画像はこちら



「皆様へ、ご報告をさせてください。」と題するエントリーで大森は、「私、大森玲子は、本日11月28日に入籍致しました。彼は、2つ歳上の、真面目で優しい人。お仕事は会社経営をしています」とファンに報告。

そして「とても穏やかな彼ですが、お仕事に一生懸命で。彼のそばにいると、男らしい野心やロマンを感じさせられ、私は、私の人生全てをかけて彼の生活のサポートをしていきたい。と心からそう感じるようになりました。家族や周りの方々を大切にする姿や、困っている人に手を差し伸べる優しさ…何を取っても私にはもったいない方だなーと思います」と、夫の人柄を紹介し、「そんな彼を陰ながら支えていけるよう、未熟者の私はまだまだ努力して行かないと!と思います。こんな私ですが、皆様どうぞ引き続き暖かく見守っていてやってください」とつづった。

報告の最後は「今後どんな困難にぶち当たろうとも、彼と二人なら、力を合わせてきっと越えられそうです。仲良く笑顔いっぱいの家庭を築いていきたいと思っています」と結んでいる。   

大森は1996年、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンのピュアガール賞を受賞し、芸能界デビュー。1998年にはアニメ「魔法のステージファンシーララ」のヒロイン役の声優を務めたほか、アイドルグループ「HiP」(ホリプロ・アイドル・パラダイス/Horipro idol Paradise)のメンバーとして、テレビのバラエティ番組などでも活躍した。ちなみに、「HiP」結成時のメンバーは、大森のほか新山千春深田恭子、優香、酒井彩名の計5人。

しかし、2003年にスキャンダルなどが週刊誌で報じられ、2004年にホリプロとの契約が終了。その後、一時改名して音楽活動をしていたが、2014年より再び“大森玲子”に芸名を戻している。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20181152221.html