ハリセンボン、15年ずっと仲良しな2人の“絆”

ハリセンボン、15年ずっと仲良しな2人の“絆”
お笑いコンビ・ハリセンボンが12月6日、都内で行われた映画「プーと大人になった僕」MovieNEX発売記念イベントに登壇。作品にちなんだトークを繰り広げながら、2人の絆の深さを見せつけた。

その他の大きな画像はこちら



この日、近藤春菜はプーをイメージ、箕輪はるかはクリストファー・ロビンをイメージした服装で登場。お互いの衣装を見ながら、春菜は「すごく似合っていて着こなしていると思います!」とコメント。はるかが「めちゃくちゃ可愛いです!今日は『100エーカーの森』から出てきたんだね!はい、風船だよ!」と、春菜へ赤い風船を渡すと、「ふうせんを持つとしあわせ……って、プーじゃねえよ!」と言い、イベント冒頭から息のあったトークを披露した。

プーとクリストファー・ロビンのように、ずっと仲良しな2人のコンビ仲を良くさせる秘訣について、春菜は「15年ぐらい一緒にいるんですが、いつも会うのに慣れないんですよね。毎回ハッとするんです。15年経ってもわからないことや、つかめない部分がたくさんあるので、新鮮でいるのは大事だと思います」と回答。はるかは「相手を思いやることが大事かなと思います。ちょっとしたプレゼントとか…いつも楽屋に風船とか、はちみつの差し入れしています」というと、「プーさんじゃねえか!」と春菜はすかさずツッコミをいれ、会場の笑いを誘った。

プーをはじめ、ティガーやピグレットなどの“100エーカーの森”の仲間たちは、そのかわいさと素朴さでいつの時代も人々の心を和ませているが、本作の好きなキャラクターについて、春菜は「みんな可愛かったんですけど、やっぱりプーですね。可愛いだけじゃなく、一言一言がすごい刺さるんですよね。みんなでロンドンに行くシーンでピグレットが怖がっていて、プーが『一緒にいなきゃダメ』と言うんです。そういう自然に出てきた言葉が優しかったり、それをちゃんと言えるプーが素敵だなと、より好きになりました」と話し、その可愛さに魅了された様子。...続きを読む

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る 2018年12月6日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。