ティム・バートン節炸裂の「ダンボ」インタビュー

ティム・バートン節炸裂の「ダンボ」インタビュー
ディズニーの名作アニメを、「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」などの鬼才ティム・バートン監督が実写映画化した「ダンボ」。そのMovieNEX(4,200円/税別)と4K UHD MovieNEX(8,000円/税別)の発売が、早くも7月17日に決定した(※7月3日より先行デジタル配信開始)。これを記念して、バートン監督の貴重なインタビュー映像が公開された。

その他の大きな画像はこちら



アニメーション版の大ファンだというバートン監督は、人々から愛される名作映画「ダンボ」のイマジネーション豊かで広がりのあるアニメーションの世界を利用しながら、実際のセットや小道具、特殊効果、視覚効果を巧みに使用し、全く新しい実写のファンタジー・アドベンチャーに仕立て上げている。

バートン監督はダンボについて「周囲になじめない悩みや欠点を、美しさに変えていく前向きな気持ちなど、いろんな思いがつまっているんだ」と想いを語る。また、「人間たちもどこかダンボと似ているね。ホルトも子供たちも周りになじめず悩んでいる」と話すように、新たな物語として作り直されただけでなく、コリン・ファレル演じるホルトやその子どもたち、そしてエヴァ・グリーン演じるコレットなど、人間たちのキャラクターを物語の中心に据えることで、ダンボと一緒に成長していく彼らの姿が描かれているのだ。

さらにバートン監督は「登場人物全員が似た悩みを持ち、それぞれ違う形で向き合ってる。そのテーマがおとぎ話風に表現されるところがすばらしい」と、魅力を語る。また、MovieNEXやデジタル配信で何度も見てもらいたいお気に入りのシーンについて聞かれると、笑いながら「無いね」と即答。「映画というものは、観客に自由に楽しんでもらうものだ。それぞれ好きなところを観客自身が見つけるべきだよ」と、バートン監督らしい言葉でその理由を述べた。

MovieNEXには、“ようこそ! サーカスの世界へ”やメイキング・オブ「ダンボ」、アニメーション映画「ダンボ」へのオマージュ、エンドソング「ベイビー・マイン」を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、貴重なボーナス・コンテンツが多数収録されている。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20190554633.html

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スタジオジブリ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタジオジブリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スターウォーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「スターウォーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スター・ウォーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「スター・ウォーズ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。