出川哲朗のCMギャラ3500万円×14社? 「そんなはずない」

記事まとめ

  • 出川哲朗が「TOKIOカケル」に出演し、テレビCMのギャラについて言及した。
  • 出川は2018年のタレントCM起用社数ランキングでは男性部門1位に輝き、14社のCMに出演している。
  • 番組はCMギャラは「4億9000万円」と推定したが、本人は「そんなはずない」と否定し、金額も契約の形態や期間によって一様ではないと語った。

出川哲朗、CMギャラ推計“3500万円×14社”に言及

出川哲朗、CMギャラ推計“3500万円×14社”に言及
タレントの出川哲朗(55歳)が、6月19日に放送されたバラエティ番組TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。巷でされるテレビCMのギャラについて言及した。

その他の大きな画像はこちら



2018年のタレントCM起用社数ランキングでは男性部門1位に輝き、14社のCMに出演した超売れっ子の出川。番組では「某雑誌によると……」と、出川のCMギャラ単価を「3500万円」と紹介し、単純計算で2018年のCMギャラは「4億9000万円」(3500万円×14社)と推計した。

また、ついでにテレビ出演についても、番組出演本数から「なんとなく換算」して年間4300万円と割り出し、CMギャラと合わせて年収を「5億3300万円」と推定。出川本人に、その計算が正しいかどうかとの疑問を直接ぶつけた。

出川は「そんなはずない」と即座に否定。某雑誌でCMギャラが「1本3500万円」と出ていることは把握していたものの、ラジオなど自身がすぐ否定できる場を持っていないため、今回こうして番組側が話題にしてくれたことに感謝し、「3500万円も貰えるわけないでしょ」と強く否定した。

そこでTOKIOのメンバーは、執拗に“リアル”なCMギャラを聞きだそうと問い詰め、カメラに映らないようにホワイトボードに書かせることには成功。視聴者が目にすることはなかったが、ホワイトボードに書かれた“リアル”なCMギャラの数字を見たTOKIOの反応は、想像していたよりもかなり少なかったようだ。

そして「(CMは)14本もやらせていただいて、本当にありがたいんだけど、ワンクールとかの場合もあるんですよ」と、金額も契約の形態や期間によって一様ではないと語った。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20190655074.html

あわせて読みたい

気になるキーワード

出川哲朗のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る 2019年6月20日の芸能総合記事
「出川哲朗、CMギャラ推計“3500万円×14社”に言及」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    人の懐事情を探って、何が楽しいのやら。

    0
  • 匿名さん 通報

    CMを打つ会社は税金を調べれば推定は出来る。そこから出演者で分配するとか、広告代理店所や事務所の取り分もあるし、記事になれば国税が入るし、彼の給料もどうなってるか分からないから何とも言えないだろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マツコ・デラックス」のニュース

次に読みたい関連記事「マツコ・デラックス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インパルス」のニュース

次に読みたい関連記事「インパルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュース

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。