五輪前哨戦“侍ジャパン”28人発表、選手コメント

五輪前哨戦“侍ジャパン”28人発表、選手コメント
野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督が10月1日、都内のホテルで記者会見し、10月31日と11月1日に沖縄セルラースタジアム那覇で開かれる「ENEOS侍ジャパンシリーズ2019日本vs.カナダ」に出場する、侍ジャパンメンバー28人を発表した。世界ランキング上位12か国が世界の頂点を争う「第2回WSBCプレミア12」(11月3日開幕)にも同じメンバーで臨む。

「ENEOS侍ジャパンシリーズ2019日本vs.カナダ」と「第2回WSBCプレミア12」は、東京五輪前の最後の国際大会。28人の内訳は、投手13人、捕手3人、内野手7人、外野手5人で、投手の中川皓太(読売)、外野手の周東佑京(福岡ソフトバンク)が侍ジャパンのトップチームに初選出された。

海外視察で他国チームを見てきた稲葉監督は「国際大会に勝つためには、スピードとパワーが必要だと痛感した。さらにスペシャリストとベテランを加え、最高のメンバーが選べたと思っている。今大会はもちろんのこと、東京五輪で金メダルを取りたいと気持ちを新たにした」とコメント。

稲葉監督は、投手陣の柱として千賀滉大(福岡ソフトバンク)を挙げ、チームの主将は指名しない考えを明らかにした。

初選出した周東について質問されると、稲葉監督は「終盤での1点が大事なる。ペナントレースでも終盤に代走で出て警戒される中で盗塁を決めていく、周東のスピードは魅力だ。侍ジャパンに必要だと考えた」と応じた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Narinari.comの記事をもっと見る 2019年10月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。