クエンティン・タランティーノ監督、「キル・ビル」第3弾を示唆 ユマ・サーマンと会食

記事まとめ

  • クエンティン・タランティーノ監督が、「キル・ビル」第3弾の製作を示唆した。
  • 主役のザ・ブライドを演じたユマ・サーマンと会食もしたという。
  • 今後3年は別のプロジェクトがあるとして、「それが終わった考える」とのこと。

タランティーノ「キル・ビル」新作示唆、ユマと会食

タランティーノ「キル・ビル」新作示唆、ユマと会食
クエンティン・タランティーノ監督が、「キル・ビル」第3弾の製作を示唆した。主演のユマ・サーマンにも会ったとして、その可能性が十分にあると発言している。

「アンディ・コーエン・ライブ」に出演した際、タランティーノ監督はこう話した。

「ユマ・サーマンと、この前食事に行ったところなんだ。すごくクールな日本食レストランでね。(『キル・ビル』第3弾について)アイデアはあるよ。(主役の)ザ・ブライドがあの後どうなったのか? 自分がどうしたいのか?と全体のコンセプトを拡大することが焦点だった」

2003年と2004年に公開された前2作では、ユマ演じる殺し屋のザ・ブライドが、昏睡状態から目覚めた後に裏切られた組織に復讐を遂げる姿が描かれた。

タランティーノ監督はもし第3弾を作るなら、そのキャラクターに値する作品にする必要があると続ける。

「ただのつまらないアドベンチャーなんていらない。あのキャラクターに申し訳ないからね」
「ザ・ブライドは長年必死に戦ってきた。面白くなるアイデアが今はある。まだやらないけどね。少なくとも3年後かな。間違いなく予定には入れている」

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」がアカデミー賞の候補にも挙がっているタランティーノ監督だが、今後は別のプロジェクトがあるため、しばらく映画は作らないつもりであると明かしている。

「僕はだいたい、脚本を書き上げたらすぐにその製作に取り掛かるんだ。でも今回はもっとやることがあった。だから脚本を書き上げた後、舞台と全5回のテレビドラマを執筆したんだ」
「今後、3年間の予定がある程度決まっていると言える。それが終わったら、次の映画作品について考えるよ」

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「タランティーノ「キル・ビル」新作示唆、ユマと会食」の みんなの反応 2
  • Φ 通報

    もう続編はやめてくれ。新しいアイデア無いなら引退しろ。

    0
  • 誰もアンタの映画なんか期待していないよ。 通報

    タイトルにあるとおりだが、もう既にあんたは過去の人だよ。 「ワンス・アポン・ア・タイム~」でアイデア使い果たしたんだから、ここらで清く後進にでも道を譲ってとっとと引退すべきだよ。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「リドリー・スコット」のニュース

次に読みたい関連記事「リドリー・スコット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マーティン・スコセッシ」のニュース

次に読みたい関連記事「マーティン・スコセッシ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。