コオロギを発酵させた“コオロギ醤油”商品化

コオロギを発酵させた“コオロギ醤油”商品化
昆虫食の魅力を探究するチーム・ANTCICADA(アントシカダ)は、コオロギを発酵させた“コオロギ醤油”を商品開発。現在、クラウドファンディング(CAMPFIRE)のリターンとして購入することができる(※2020年1月8日まで)。

“コオロギ醤油”は、国産のこだわりのコオロギを、米麹を使って発酵させた昆虫発酵調味料。コオロギの豊富なタンパク質を米麹が持つ酵素で分解し、旨味のあるグルタミン酸などを引き出した。

“コオロギ醤油”の構想は2017年にスタート。さまざまなパターンでの試作・開発を行い、愛知県にある蔵元・桝塚味噌の協力によって商品化が実現した。

今回使用するコオロギは、コクや香ばしさをしっかりと持つ、国産のフタホシコオロギ。コオロギ養殖の研究を進める徳島大学(徳島県徳島市)と太陽ホールディングス株式会社(福島県二本松市)にて、愛情込めて育てられたコオロギたちを使用している。

下処理を施したコオロギに、桝塚味噌が造る愛知県産米を使った米麹と食塩水を合わせ、蔵の木桶の中で約半年かけて発酵・熟成。最後に諸味を圧搾し、出てきた液体を火入れして、コオロギ醤油が完成。旨味とコオロギ由来の香りを持ち、クセは少なく、さまざまな料理に使うことができるという。

なお、ANTCICADAは2020年春、東京・日本橋馬喰町にレストランをオープン予定。コオロギラーメンやコース料理を通じて、食材としての昆虫の魅力を伝えていくという。

あわせて読みたい

Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「コオロギを発酵させた“コオロギ醤油”商品化」の みんなの反応 1
  • 御醤 通報

    ゴキ◯リでも出来そう…

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。