山田孝之のシュールなEテレ“植物番組”新作も反響

山田孝之のシュールなEテレ“植物番組”新作も反響
拡大する(全1枚)
俳優の山田孝之(36歳)が、1月30日に放送された「植物に学ぶ生存戦略3 話す人・山田孝之」(NHK・Eテレ)に出演。前作・前々作同様、シュールな展開で反響を呼んでいる。

山田は、まず、光合成をしないで、他の植物から養分を吸収するネナシカズラを、働かず他人に養ってもらうヒモにたとえ、林田理沙アナをドン引きさせる。その後、山田は林田アナに対して「ちなみに私は15歳から役者という職に就き、以降20年間 休むことなく働き続けばく大な収入を得てきました」と謎アピールをすることに。

さらに山田は、夜に白くヒラヒラした花が咲くカラスウリの習性を、ジュディ・オングの「魅せられて」がパクったと断言。エルビス・プレスリー、錦野旦、たまの白いランニング、「犬神家の一族」のスケキヨの白いマスクも全部カラスウリの生存政略を使うことでインパクトを残したと説明する。

最後に、キャベツが他の植物とは違って葉っぱが異常に重なり合っていることについて、「小倉優子が突然、“こりん星生まれのりんごももか姫”という常軌を逸した生い立ちを言い出し、一世を風靡しました。キャベツと小倉さんに共通する生存戦略、それは 世の中のニーズによって姿を変えていく柔軟性」と説明し、他人の求めるものに姿を変えながら生きていくのは植物も人間も変わらない、と語った。

ネットでは「相変わらずすごい番組」「ジュディ・オングの無駄遣い」「そもそも山田孝之の無駄遣い」「林田アナかわいい」「ちゃんとした植物の番組なのにいっつも変」「奇跡の番組だ」「今日もおもしろかった!」といった声が上がっている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

山田孝之のプロフィールを見る
Narinari.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山田孝之」に関する記事

「山田孝之」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山田孝之」の記事

次に読みたい「山田孝之」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク